箱根強羅温泉の強羅花扇 円かの杜の施設案内

“円かの杜”を訪れた方を包み込むのは、選び抜かれた木の感触です。すべての客室に備えられた個室露天風呂の中で、あるいはラウンジに置かれた飛騨の匠の手に為るソファの上や、隠れ家めいたバーを貫く神代檜のカウンターの前で、その特別な感覚をぜひお確かめ下さい。幾重もの木目に封じられた時間の深さが醸し出す安らぎ。箱根の森の中にあって、さらに穏やかな木の癒しを感じられる場所。それが“円かの杜”なのです。

神代欅のカウンター

お客様をまずお迎えするのが、フロントに据えられた長大な神代欅のカウンター。埋れ木を想わせる深い色合いが、日常とはまるで異なる表情の時間が流れていることを知らせます。そこから続くラウンジ“欅”ではゆったりと珈琲を。独特の木の美学が、心に潤いの感触をもたらします。

囲炉裏スペース

清々しい木と畳の香気を感じていただくために、“円かの杜”では館内を禁煙とさせていただいています。愛煙家の方は、ラウンジに隣接した囲炉裏スペースにお運び下さい。分煙対策が徹底され、心置きなく紫煙をくゆらすことができます。郷愁を感じさせる空間で、ひと時の安息を。

バー

箱根の森に潜む隠れ家“円かの杜”の館内には、さらに秘密めいた場所が息づいています。それが“蔵バー「こだま」”。重厚な土蔵の扉の先に広がるのは仄かな光と豊かな影が交錯する、美しい陶酔の空間です。カクテルをはじめとする多彩なドリンクが、旅の夜をより印象的に彩ります。

岩盤浴

全客室に設けられた個室露天風呂と広々とした内湯と露天を備えた大浴場棟に加えて、“円かの杜”にはカップルで使用可能な2室の岩盤浴スペースも用意されています。1室は50℃、もう1室は45℃に設定されていますので、お好みの温度を選んで。ご使用は45分の予約制(有料)です。

エステ

本館から少し離れた森の中には、エステティック棟“MORI”が樹々に抱かれるようにして佇んでいます。トリートメントルームは2室用意され、1室1名様までご利用いただけますので、カップルでの施術も可能です。移りゆく季節の彩りに包まれながらの癒しの時間。
> 詳細はこちらへ

このページのトップへ